中小企業がするべき不正アクセス対策 | セキュリティ情報専門サイト|Codebook by Machina Record

セキュリティ/サイバーインテリジェンス最新トレンドをご紹介

中小企業がするべき不正アクセス対策

 

企業が活動を行うにあたり、重視すべきリスク管理の1つである「セキュリティ対策」。昨今高度化・多様化の一途をたどるサイバー攻撃に対し、よりその重要性が増してきていると言えます。

本セミナーは、「大手企業だけでなく、中小企業も攻撃者の対象になるのか」「情報漏えいや不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策とは」「社内のセキュリティ対策運営体制」といったテーマで解説します。

これからセキュリティ対策を始める中小企業にとって必要なセキュリティ対策を、本セミナーを通じてご紹介します。

 

※ 同業他社(セキュリティ・コンサルタント)のご参加はお断りさせていただいております。

 

 

セミナー概要

  • セミナー名

    中小企業がするべき不正アクセス対策

  • 開催日時

    2021年8月17日 (火) 16時〜17時

  • 登壇者

    株式会社サイバーセキュリティクラウド
    営業部アカウントセールスチーム 藤村 雄太

  • 株式会社マキナレコード
    シニアコンサルタント 戎 正人

  • 開催形式

    ZOOMセミナー

  • 申し込み方法

    下記お申し込みフォームよりお申し込みください

  • 共催

    株式会社マキナレコード
    株式会社サイバーセキュリティクラウド

 

 

本セミナーで得られる情報

1. 大手企業だけでなく、中小企業も攻撃者の対象になるのか

2. 情報漏えいや不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策とは

3. 社内のセキュリティ対策運営体制

4. プライバシーポリシー、セキュリティポリシーの必要性

 

セミナーアジェンダ

1. パネルディスカッション(15分)

 国内における不正アクセスの被害事例

 その他の脅威による被害事例

 企業の対応が遅れる原因

 何からセキュリティを始めるか(規程などソフト面か、WAFなどシステム面か)

2. Machina Record(20分)

 最低限やっておいたほうがいいセキュリティ

 中小企業でも必要なセキュリティ

 どこまでセキュリティをやるべきか

 各種セキュリティ関連規格の説明

 最低限やっておくべきこと

 予算、人員など

3. サイバーセキュリティクラウド(20分)

 Webサイトへの不正アクセスを遮断する”WAF”(Web Application Firewall)とは?

 セキュリティ専門知識不要&低予算で実現!「クラウド型WAF攻撃遮断くん」のご紹介

 

 

 

 

登壇者紹介

 

戎 正人

株式会社マキナレコード
シニア・コンサルタント

長年のシステム構築運用を経験した後、監査機関にてPCI DSS QSA(Qualified Security Assessors)として、金融機関やカード会社をはじめ、クラウド利用が多いスタートアップベンチャーなど数十社のPCI DSS監査及び、準拠に向けた体制/業務構築支援を実施。2019年より現職。

藤村 雄太

株式会社サイバーセキュリティクラウド
営業部アカウントセールスチーム

大学卒業後は業界初となる不動産マーケティング会社に入社。その後、大手人材会社へ転職し法人営業を担当。主に新規クライアント開拓へ注力する。
サイバーセキュリティクラウドには2020年にジョインし、現在はアカウントセールスとしてクライアントへのWebセキュリティの提案活動に従事。

 

 

【オンラインセミナー】中小企業がするべき不正アクセス対策

以下のフォームよりお申し込みください。